東京大学 中村研究室 東大 中村研

研究内容

Special

入学案内



last update : 2020/4/28



お知らせ

2016/02/01 プレスリリース

省電力性能世界最高のキャッシュメモリを実現するノーマリーオフ技術を開発
-従来比で消費電力10分の1以下を達成-

PDF版(約500KB)  

中村・近藤研究室について

本研究室では、物理世界と情報世界の高度なインタラクションを実現する高品質コンピューティングの実現を目指して、回路実装・アーキテクチャ・コンパイラ・システムソフトウェア・アルゴリズムを含む多様なシステム階層間の連携・協調による高性能・高信頼・低消費電力計算システムに関する研究を行っています。 教授陣として、システム情報学専攻所属の中村教授、近藤准教授の他、数理・情報教育研究センター(システム情報学専攻兼担)の斎藤教授とも連携して研究活動を行っています。


中村教授の主な研究テーマ---安全で快適な高品質コンピューティングを目指して---

ノーマリーオフコンピューティングやIoT/サイバーフィジカルシステム向けの計算システムに関する研究を行っています。

近藤准教授の主な研究テーマ ---次世代コンピューティングの開拓---

グラフ処理やロボット知能処理などの特定ドメインに最適化したドメイン特化型アーキテクチャや、AI・ニューロモーフィック計算・量子コンピュータといった新しい計算原理と既存のコンピュータシステムの融合に向けた研究をしています。詳細はこちら

所属

東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻

〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学 工学部1号館5階 508号室
Tel: 03-5841-8601

>>地図